ジェームス・W・ヤングから学ぶ、アイデアのつくり方

先日、広告業に関わる人にとって教科書的な本のひとつ、『アイデアのつくり方』(ジェームス・W・ヤング著)を読了しました。私たちウェブ制作会社は広告業ではないのですが、クライアントにアイデアを提案する機会はあります。また、メーカーや金融など他の業界においても企画・提案はありますし、その際アイデアをつくることは必要です。今回は本書の中から、アイデアを作るために重要なポイントをご紹介します。詳細は実際に本書を購入してご確認くださいませ。

アイデアが作られる5つの工程

第1段階 資料集め(意識的)

アイデアとは要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない。だから既存の情報をまず集めることが大切。その際、製品と消費者に関する特殊知識と、人生とこの世の種々様々な出来事についての一般的知識の両方が必要。

第2段階 データの咀嚼(意識的)

第1段階で集めてきた資料をそれぞれ一つずつ手にとって、一つの事実をとりあげてみる。その際、いろいろな角度からその資料を眺めてみる。事実を直視しないで、ちょっと斜めから見るとまた違う発見がある。

第3段階 データの組み合わせ(無意識)

第1段階、第2段階は意識的な作業だが、第3段階は無意識的な作業。問題を完全に放棄してなんでもいいから自分の想像力や感情を刺激するものに心を移す。例えば、ライブに行ったり、映画を見に行ったり。

第4段階 アイデア発見(無意識)

アイデアの訪れとは、私たちがアイデアを探し求める心の緊張をといて、休息とくつろぎのひとときを過ごしてからのこと。デスクでパソコンとにらめっこをしていたからといって訪れてくるものではない。

第5段階 アイデアのチェック(意識的)

現実の有用性に合致させるために最終的にアイデアを具体化し、展開させる。この段階に来てやっと、クライアントからの要望に近づけるために、忍耐強く手を加え、最終的な提案内容に仕上げる。

個人的には第3段階がとても大事だと思います。必要な情報を頭に詰め込んだら、思い切ってその仕事のことを忘れ、違うことに取り組むと、ちょっとしたキッカケで新しいアイデアが浮かんでくることがよくあるからです。意識的に考えようとすればするほど、アイデアは遠のいていく。これは忘れないようにしたいですね。

アイデアのつくり方

アイデアのつくり方

posted with amazlet at 16.08.29
ジェームス W.ヤング
CCCメディアハウス
売り上げランキング: 323

関連記事

  1. 雑誌Leafに載りました。

  2. 人事担当者は必見!2018年4月から障害者の法定雇用率が変わります。

  3. ジャスダック時価総額上位企業のウェブサイト

  4. 「思いやり」を持つだけで、ビジネスは成功に近づく

  5. 特別養子縁組制度の条件って知っている?

  6. 新潟ワインコーストで楽しむワイナリー