お盆休みの暇つぶし。大型書店では出会えない一冊が見つかるブックオフ

僕は10年以上、お客様の課題を解決する方法や要望を実現する方法を考え、企画書や提案書にまとめ、プレゼンする仕事をしてきました。このような仕事をしているとアイデアに煮詰まることはしょっちゅうなのですが、そんな時行っているのが「書店散歩」。会社の近所の書店に出かけて行って、店内をブラブラ歩きます。

この時意識して行っているのが、その時関わっている案件と一見何の関係も無い分野の書棚に立ち寄ること。通常はビジネスコーナーやハウツー系の書棚に向かうのですが、僕は敢えて園芸本コーナーに寄ったり、女性誌コーナーに寄ったり、なつかしの赤本を見たり。アイデアは求めているものだけ追っても湧き出てきません。あえて脇道に寄ることで、アイデアの結合が起こり、今まで思い浮かばなかったアイデアが突然湧いてきたりします。

そんな便利な書店なのですが、街中にある大型書店は書籍数は多いものの、ほとんどが最新本と売れ筋本です。当然ビジネスとして書店を展開しているわけですので、限られたスペースに売れる商品を置くことは当たり前のこと。でも、アイデアを探す場としては若干面白味に欠けます。そこで僕がオススメするのがブックオフです。

偏りがないことが、面白い情報発見に繋がる

僕が感じるブックオフの特徴は2つあります。ひとつ目は最新本よりも古い本が多いこと。二つ目は本の並べ方に偏ったテーマやコンセプトがないこと。ブックオフ内を歩いていると、こんな古い本誰が買うんやろ、と思うような書籍が結構並んでいます。きっと本好きな祖父や父が亡くなって、残った本の扱いに困った子どもたちがブックオフに持ち込んだのだろうと想像できるほど。その中には昔の婦人誌や男性誌なんかもあります。こういう本に載っている情報は非常に参考になりますし刺激もいっぱい。さらにすでに絶版になった本まで見つかることも。絶版との出会いはブックオフや古書店でしかありません。しかも100円で手に入ったりします。

ふたつ目の本の並べ方について。京都には全国的に有名な個人営業の書店があります。こういう店が流行っているのは、そこに置かれている本の取り扱い方やコンセプトに共感する人が多いから。反対に、そこに共感できない人にとっては何の面白味もない書店になります。この「偏り」というのは、ある分野において深く情報を知ったり、関係情報を探すには適しているのですが、やっぱり偏るんですね。その点ブックオフはいさぎよいほど偏りがなく、ノーコンセプトで本が置かれています。偏りないので、出会える本の幅も広い。もちろん読む価値の無い本もたくさんありますが、そういう出会いも大切にしています。

お盆休みは冷房の効いたブックオフでブラブラしてみませんか?きっと素晴らしい一冊に出会えますよ。

関連記事

  1. 外国人に人気の日本の旅館ランキング2017

  2. 東北で捕れる海産物「ホヤ」が認知症の改善に!

  3. 関西の箱根駅伝「京都学生駅伝競走大会」に注目!

  4. 10年間放置された休眠預金は国が管理することになるぞ

  5. 6月の月例食事会は「むすび食堂」で手羽先Night

  6. 関西にある肺がん治療の実力病院<リンク集>