Evernoteベーシックの利用端末制限

Evernoteアプリを無料で使っていた人には6月末に下記のようなメールが届いたと思われます。要は「Evernote無料利用ユーザの利用端末数を2台までに制限します」というものです。僕はメインで使っているMacBook Airの他、iPhone、会社のWindowsPCでアプリを利用していたので、1台減らす必要があります。有料プランに変更すればそのまま利用できるのですが、そこまでして利用しようとも思わないので、今回は利用端末を1台減らすことに。

mail

(Evernoteから届いたメール)

 

Evernoteアプリから利用端末を選ぶ方法

利用端末が3台以上の場合、アプリを立ち上げると下のようなメッセージが立ち上がります。画面に表示される指示に從って操作していけば利用端末の選択は簡単にできてしまいます。

(3台以上使っている人にはこのメッセージが出ます)

(3台以上使っている人にはこのメッセージが出ます)

(アプリを使っている端末が表示されます。何ヶ月前にその端末で使用したのか表示されるので、長い間使っていない端末を省きましょう)

(アプリを使っている端末が表示されます。何ヶ月前にその端末で使用したのか表示されるので、長い間使っていない端末を省きましょう)

(確定ボタンを押せば終了です)

(確定ボタンを押せば終了です)

 

Evernoteの代替アプリはないのか

Evernoteアプリは自宅パソコン、会社パソコン、スマホの3台くらいで利用するパターンが多いようです。Evernoteもそれを分かっていて2台までに制限し、有料プランへの移行を促しているのですが、今まで無料で使ってきたものをいきなり有料で使うのにはちょっと抵抗がありますよね。ちなみにEvernoteをブラウザで使用する場合、それは利用端末数には含まれません。

Evernoteの代わりになるものがないのか調べてみたのですが、イマイチ使い勝手の良さそうなアプリはありません。MicrosoftのOneNoteが結構似ている機能を持っているのですが、実際にインストールして戸惑うのはインターフェイスの違いと機能の多さ。Evernoteは必要最小限の機能をシンプルなインターフェイスで提供しているので使いやすいのですが、OneNoteはWindowsと同様に機能が多すぎて逆に使い勝手が悪いです。でも使い慣れたら便利かもしれませんね。

関連記事

  1. 祇園祭2016の楽しみ方

  2. お盆休みの暇つぶし。大型書店では出会えない一冊が見つかるブックオフ

  3. ロードバイク人気メーカーのウェブサイトを徹底調査

  4. アマゾンが支援するベンチャービジネス

  5. 人事担当者は必見!2018年4月から障害者の法定雇用率が変わります。

  6. Find Jobでエンジニア採用してみてわかったこと。