GPSを使った顔マラソンが流行っている

今朝の日経新聞のトレンドサーチ欄「走った軌跡 顔になる」を見られましたでしょうか?自慢ではないですが、これは私が数年前からやっているんです。しかし、本当に顔になるほど高度な軌跡を作ったことは一度もありません。

Googleで「顔マラソン」を検索すると顔マラソン公式サイトが出てきます。ここを見ると、めちゃレベルの高い顔が!しかもその距離が40kmを超えるものが多くて驚き。普通に40km走るのも大変なのに。。

このような取り組みが可能になったのは、スマホ用ランニングアプリがGPSと連動してからです。GPSを使えば走ったコースが地図上に表示され、区間ごとのタイムや高度も表示されます。走った後に、この記録を見て自分の走りを確認するわけです。

ランニング人口は年々増えていると思いますが、タイム向上を狙うランナーばかりではありません。健康維持を目的にしたり、ただ街をファンランしたいだけの人もいます。ランニングってしんどいイメージが先行してしまうのですが、やっぱり楽しんで走ることも大切。そういう点で、この「顔マラソン」はすごく良い取り組みだと思います。

ちなみに僕は数年前から京都で勝手に「ハートチャレンジ」と名づけて、ハート型のコースを走って喜んでいます。次は京都で「顔」を作ってみようかな。

IMG_1467

<ハートチャレンジ 岩倉〜出町柳コース>

link 顔マラソン公式サイト

関連記事

  1. ゴールデンウィークの京都は地下鉄が無料で乗車できる!

  2. 未上場なのに評価額が100億円を超えている企業のウェブサイト

  3. 日本酒の種類を知る

  4. 市民に身近な存在・地方銀行が変わっていく

  5. 企業が高度外国人材を受け入れるために準備すること

  6. 飲んだ後、京都市営地下鉄で帰宅する人のための時刻表(平日夜専用)