Loading
情シス(情報システム部門)業務アウトソーシング

情シス(情報システム部門)業務アウトソーシング

貴社の情報システム部門として社内のITインフラをサポートします

中小企業・小規模事業者の場合、社内に独立した情報システム部門を置くことは滅多にありません。
しかし、昨今では中小企業であっても情報漏えい対策やセキュリティ対策が求められます。
このような場合、社内で業務を補うことは非常に困難で担当した社員の負荷も高まります。
当社ではこのような企業の情報システム部門としてITをサポートします。

社員の業務負荷軽減

多くの企業では総務部門や管理部門が社内ネットワークやパソコントラブルなどに対応しています。そのため一部の社員の業務負荷が高まり、本来すべき業務に時間を割けない状態です。しかし情報システム部門業務を丸ごとアウトソーシングすれば、その社員の業務負荷が軽減され、本来の業務に時間を費やすことが可能です。

業務の生産性向上

当社のアウトソーシングサービスをご利用いただければ、長年インフラエンジニアとして経験したスタッフが担当するため、通常業務で利用するネットワークやサーバが不安定になることが減り、その結果業務が円滑に遂行できるようになります。半日メールが受信できない、という状態から回避されます。

ITトラブルの窓口として

当社のアウトソーシングサービスでは、サーバやネットワーク管理だけでなく、メール設定やソフトのインストールなど一般社員のパソコントラブルのサポート窓口を代行することもできます。お客様専用のサポートダイヤルをご用意しますので、お気軽にお問い合わせいただくことができます。

サービス内容と対象となるお客様

クーネストでは次の5つのサービスを基本とします。1)社内サーバメンテナンス 2)サーバ稼働状況の監視 3)社内セキュリティ対策 4)トラブル対応 5)社内のITサポート窓口代行。この他にもお客様のご要望に合わせて対応します。本サービスの利用メリットがあるお客様は、社内にサーバ運用・管理者(情報システム担当者)が不在の企業や、日常業務が忙しく社内IT管理に万全の体制を築けていない企業、一部の社員のシステム管理業務が集中し属人的な管理体制をとっている企業が挙げられます。社内の情報システム管理に何らかの不安を感じている場合はお気軽にお問い合わせください。

ご契約から運用までの流れ

本サービスにご契約いただき運用するに至るまでには次のようなステップを踏みます。1)当社がお客様に往訪し現場ヒアリングをおこない、課題を抽出します。2)ヒアリング内容を元にサービス提案とお見積書を提出します。3)提案書・見積書を元にお客様と契約内容の摺り合わせをおこないます。また契約前にNDAを結びます。4)サーバ運用・監視環境を構築するために初期費用を期日までにお振込いただきます。5)リモート管理環境や専用お問い合わせ窓口を設置します。6)運用を開始します。

PAGE TOP