Loading
クラウド構築

クラウド構築

これからのWEBサービスはオンプレミスからクラウドへ

従来のオンプレミス(自社物理サーバ)は初期インフラ調達に期間を要し、
運用中もセキュリティアップデートなど非常にメンテナンスに手間がかかりました。
しかしAWSなどクラウドを使いWEBサービスを運用すればその手間は改善されます。
当社ではお客様のご要望をお聞きしクラウドが最適だと判断した場合はクラウドを使用した開発環境をご提供いたします。

開発環境構築の時間短縮

従来はサーバ本体の調達や必要なアプリケーションのインストール・設定など、実際に開発環境が整うまでに1〜2ヶ月かかることもありましたが、クラウドを利用すればボタンひとつで開発環境が構築できます。その結果、本来の開発業務に時間を割くことができるようになり結果的に品質の担保につながります。

需要に合わせたリソース調整

オンプレミスでサービスを運用した場合、運用途中でサービスへのアクセス数の急増やディスク容量の減少に対して、一旦サーバを止めるなどしてメンテナンス作業を行なう必要がありますが、クラウドの場合は簡単に環境の拡張をおこなうことができます。もちろん反対に需要に合わせ縮小することもできます。

固定費から従量課金へ

クラウドの特徴は初期コストが不要で運用コストのみ必要だということ。クラウドのリソースを利用した分だけ払えばよいので無駄な資産が発生しません。そのため負荷の高いサービスを運用すれば比例して課金額も大きくなりますが、それはオンプレミスでも同じで必ず拡張費用が必要になります。

クーネストではAWSとNIFTY CLOUDに対応

国内のクラウド市場で人気があるのがAmazonのAWS(Amazon Web Service)とNIFTY CLOUDです。当社ではこの2つのクラウド設定の実績が多数あり、自信を持ってお客様にご提案・ご提供いたします。クラウドのことがよくご理解できていないお客様に対しては、最初にクラウドのメリット・デメリットをご理解いただくことに努めます。どんなに優れたサービスであってもお客様にご理解いただいていないものを提供することはできません。お客様とのコミュニケーションを深めることを大切にします。

越境ECにはAWSが最適

越境EC(海外通販)を構築する場合はAWSの利用を薦めます。その理由はデータセンターのロケーションを選ぶことができるから。例えば日本国内のサーバで運用した場合、メンテナンス作業は多くの場合深夜に行われます。しかし越境ECの場合、販売先によってはその時間が昼間になることもあり、ビジネス機会を損なう恐れがあります。しかしAWSであれば販売先の国・地域に合わせてデータセンターのロケーションを選択できますので、時差による機会損失を防ぐことができます。

PAGE TOP