Loading

ブログ

年間1500億円も稼ぐ回転寿司の魅力ってなに?

皆さん、回転寿司って行ったことありますか?僕は月に1度は回転寿司に通っています。30代前半まではエンゲル係数が高い生活を送っていたので回転していない寿司の方が多かったのですが、最近は気軽に入れて財布にも優しい回転寿司がお気に入りです。タッチパネル式の注文方法には未だに慣れないのですが、職人さんが目の前で握ってくれる店では必ず職人の前の席に座ります。そうするとオーダーもしやすくて、回転している寿司も新鮮なものを一番最初に手に入れることができます。こんなこと書いていると行きたくなってきます。

こんな日本独自の食ビジネスである回転寿司ですが、どんな企業が経営しているのか知っていますか?今回は回転寿司を経営する企業をご紹介しようと思います。

スシローがトップを独走

それでは売上が高い順にご紹介しますね。

第1位 スシロー(スシローホールディングス)

https://www.akindo-sushiro.co.jp/

  • 店舗数 466店舗
  • 売上高 1477億円
  • 従業員 1459名
  • 本社 大阪府吹田市
  • 待ち時間ゼロアプリ有り

第2位 くら寿司(くらコーポレーション)

http://www.kura-corpo.co.jp/

  • 店舗数 385店舗
  • 売上高 1136億円
  • 従業員 1222名
  • 本社 大阪府堺市
  • 時間指定予約アプリ有り

第3位 はま寿司(ゼンショーホールディングス)

http://www.hamazushi.com/hamazushi/

  • 店舗数 472店舗
  • 売上高 1090億円
  • 従業員 21969名
  • 本社 東京都港区
  • 平日お寿司は一皿90円

第4位 かっぱ寿司(カッパ・クリエイト)

https://www.kappasushi.jp/

  • 店舗数 341店舗
  • 売上高 794億円
  • 従業員 912名
  • 本社 神奈川県横浜市
  • WEB予約限定食べ放題有り

第5位 元気寿司(元気寿司)

http://www.genkisushi.co.jp/

  • 店舗数 140店舗
  • 売上高 349億円
  • 従業員 502名
  • 本社 栃木県宇都宮市
  • 業界初オールオーダーシステム導入
スシローと元気寿司が経営統合

第1位と第2位は大阪に本社を置く企業だったんですね。関西に住んでいる身としては何だか嬉しいです。現在トップを独走しているスシローなのですが、最近第5位の元気寿司と経営統合することをリリースしました。2つの企業が統合することによって、年間1800億円規模の企業が生まれます。これで2位のくら寿司との差は今まで以上に広がることになります。

最近の訪日観光客の増加で、回転寿司に訪れる外国人が増えてきました。この状況を見て、今まで以上に海外で回転寿司を展開できると考えたはずです。でも、海外展開するにはそれなりの資本が必要です。今回の統合はスシローが今後一層海外展開を加速させる戦略なのでしょう。これから海外旅行した際は、世界各国で日本資本の回転寿司が食べられるかもしれないですね。

ちなみに僕が京都で一番好きな回転寿司は「むさし寿司」です。京都で3店舗しかないお店ですが、ネタの大きさや鮮度は前出したチェーン店を圧倒しています。河原町三条にあるお店は連日外国人で一杯で外国語メニューもあります。出張で新幹線を使う時は京都駅八条口付近にある店舗でよくランチ用のお寿司を買っていました。あ〜、腹減ってきた・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 祇園祭で南観音山を曳いてきました
  2. 今年見られた社内ブログ記事はコレ!2016年ランキングBEST1…
  3. まだ間に合う、京都のお花見おすすめスポット
  4. 日本と米国のエンジニアの働き方
  5. 地味な存在だけどたまに食べると美味しい!秋の味覚・柿。
  6. 旅に出かけたいけど、旅する時間もお金もない人へ
  7. UNビル1階にイタリア料理店「アリアーレ」(壬生川高辻)がオープ…
  8. 災害時のデータバックアップは考えていますか?
PAGE TOP