Loading

ブログ

絶対に行かないほうがよい京都五山送り火鑑賞スポット

京都の人は祇園祭で夏の訪れを感じ、五山送り火で夏の終わりを感じます。となると、残すところ夏は1週間程度。8月16日(水)に五山送り火が開催されます。僕は毎年友人が住むマンションの屋上でビールを飲みながら大文字と妙法を鑑賞しています。京都の人にとって送り火は大切なイベントで、送り火の時間帯はオフィスやスーパーなどの灯りが消えます。たまに消し忘れて近所の住民がスーパーにクレームを入れるなんてよくあること。それだけ大切にされているんですね。夏季休暇の最終日は京都で送り火を鑑賞しませんか?

意外と短い点火スケジュール

五山送り火はその名の通り、京都市を囲む5つの山に点火されるのですが、意外と火が付いている時間って短いんです。ですので、すべての送り火を見ようとせず、見たい送り火を事前に決めて鑑賞スポットを選ぶことが大切です。

  • 20:00 大文字
  • 20:05 松ヶ崎妙法
  • 20:10 舟形万燈籠
  • 20:15 左大文字
  • 20:20 鳥居形松明

それぞれの点灯時間は約30分しかありませんので移動している余裕はありません。一箇所でノンビリと鑑賞しましょう。

混雑必至!絶対に行ってはいけない鑑賞スポット

たった1時間しか点灯しない送り火ですが、そのために毎年10万人の人出があります。京都市内には有名な鑑賞スポットがいくつかあるのですが、どこもかなり混雑していますし、数時間前に場所取りを行なう必要があります。ここでご紹介するスポットは特に混雑しています。もし行くのであれば相当の覚悟を持って臨みましょう。

  • 出町柳の三角州周辺(激混みスポット)
  • 御薗橋
  • 賀茂川・高野川河川敷
  • 嵐山渡月橋
意外とオススメなのがテレビ

混んでいると分かっていても他に見られる場所を知らないんだから仕方がない。そう思いながら僕も何度か混雑スポットに行ったことがありますが、その度に後悔してきました。お金に余裕があれば京都市内の高層(それほど高層でもないのですが)ホテルがオススメです。雨にも濡れませんし、トイレもあるし。混雑も嫌だし、お金もない!という方にオススメなのが京都テレビの「送り火生中継」です。昨年は友人の自宅に10名ほど集まり、生中継を見ながらシャンパンを飲んだような。生中継のよいところは五山全ての送り火を見られるところ。雰囲気は味わえませんが、こんな楽しみ方はいかがでしょうか。

 KBS京都「五山送り火特集」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 未上場なのに評価額が100億円を超えている企業のウェブサイト
  2. 金融機関で導入が進むRPAってなに?
  3. ウェブ制作会社でも文章チェックスキルは必須
  4. 事務所移転をスタッフの手でやり遂げた制作会社に訪問してきました
  5. 9月3日は関西ワインで乾杯!の日
  6. もうテレビは必要ない?リオ五輪・公式動画サイトが充実
  7. 旅に出かけたいけど、旅する時間もお金もない人へ
  8. 地味な存在だけどたまに食べると美味しい!秋の味覚・柿。
PAGE TOP