Loading

ブログ

大学1〜2回生でも取得できるユニリーバの内定

本日の日経新聞朝刊に載っていた「ユニリーバ日本法人 入社2年前に内定」という記事を見て、ますます優秀人材の青田買いが活発になるなと感じました。記事によれば、早い学生は大学1〜2回生の時に既に内定を取得できるんだとか。専門性の高い学部学科に入った学生ほど、そこで学んだことを仕事でも活かしたいと考えるのは普通なので、もしユニリーバでその専門性が活かせるのであれば、わざわざ3回生の就活まで待つ必要は無いですよね。

しかも内定を取得した学生は入社まで最長2年間の猶予を与えられるんだとか。つまり、この間に海外留学をしたり社会貢献活動に没頭したり大学での研究に時間を費やすこともできるので、現状の就活システムよりはある意味学生らしい生活が送れるような気がします。大学1、2回生の時は将来に対して明確な目標を立てることは難しいと感じるのですが、3、4回になれば自分がやりたいことも少しわかってくる。でも現状の就活システムだとその時期は就活に時間を費やさないといけない。であるならば、大学2回生までに内定を貰っておいて、それ以降は自分のやりたいことに時間を費やす方が学生生活は充実するような。

どちらにしても優秀な人材は国境を越えて必要とされるわけですので、本当に優秀な人材を求めているのなら国内の就活システムなんて無視してグローバルな感覚で人材確保をしていく必要がありそうです。今後はユニリーバのような採用システムをPRする企業が増えてくるのではないでしょうか。

 ユニリーバ・ジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 約40%の企業で新卒採用サイトにSSLを導入
  2. 【2018卒向け】就職サイトの都道府県別掲載社数を比較してみた(…
  3. 新卒学生のスマホの使い方<動画視聴編>
  4. ウェブ制作会社のための採用サイトの作り方
  5. 中小企業は高卒採用で人材不足を解決しよう
  6. 2019年卒の就活がそろそろスタートします
PAGE TOP