Loading

ブログ

メルカリやってみたら意外とすんなり売れました

今夏を目標に自社ECサイトを起ち上げる予定なのですが、今までECのオペレーションを経験したことがなかったので何か個人で勉強できるものはないかと思い、気軽に売買できるメルカリを試してみました。今回は何をどのように売って、結果どのくらいの利益が出たのかご紹介しようと思います。

売った商品はアクセサリ

仕入というほどのことでもないですが、元々中国のECモール「Aliexpress」で自分用に(ビーチリゾート旅用に)レザーブレスレットを何個か購入していたのですが、結局使うことなく半年が過ぎてしまっていたのでこれを売ることに。メルカリは女性ユーザが多いと聞いていたので、アクセサリなどファッション系商品が相性が良いそうですね。

(販売した商品)男女兼用アジャスタブルレザーブレスレット(4ピース1セット)

ちなみにAliexpressでの購入額は1.3ドルでした。シッピングは無料でしたのでこの金額以上の費用はかかっていません。

公開して1週間で販売

メルカリの売買システムは非常にシンプルで使いやすいです。恐らくスマホで使うことを前提に設計しているため、余分な機能とデザインを削ぎ落としているからだと思います。これは今後当社でECサイトを構築する上でも参考になりました。

最初の販売価格は600円(送料込み)に設定しました。メルカリでは送料込みにしたほうが売れやすいんだとか。メルカリへの手数料が60円(10%)、送料(定形外普通郵便)120円を抜いた利益は420円、という設定で販売開始。

販売開始後、当日のうちに「いいね」が1件付きました。その1日後くらいに「400円なら即購入します」というコメントが入ったのですが、上記のように諸経費がかかりますのでそんな値引きには対応できず「560円ならOKです」と返答しました。結局この金額でご購入いただけました。

販売後にしたこと

販売するまでの作業は想定できるのですが、その後何をしたらいいのか今まで経験がありません。もちろん行なうことは決まっていて購入者に商品を発送する必要があるのですが、どんな手段で送ればよいのか迷いながら、結局普通郵便が一番安いということでそれに決めました。

ただ封筒に商品をいれて送るのはサービス精神旺盛な(?)な僕では耐えられないので、ダイソーに行って包装用のプチプチとミニレターセットを購入。丁寧に商品を包装して、お礼の手紙を書いて同封しました。これで低い評価を付けられてもこれ以上何もできないという状態で発送しようと。

売却2日後に購入者に発送し、その2日後に購入者に商品が届き販売者への評価が付けられます。運良く今回は高評価でした。メルカリは販売者だけでなく購入者に対しても評価が付けられる点が面白いですね。

メルカリに出品する時に試してほしいこと

今回メルカリに出品するにあたり試してみたことがあります。これのおかげなのか分かりませんが、その後出品した商品もすんなり売れています。今後メルカリに出品する場合に試してもらえると嬉しいです。

写真はスマホではなくデジタルカメラで撮影する

メルカリはスマホだけで出品・購入ができるように設計されているため、商品写真もスマホで撮影されたものが多いです。だから写真が素人っぽいというか、商品の魅力を伝えるにはイマイチな状態のものがいっぱい。ですので、他の販売者と差別化を図るためにスマホではなくデジタルカメラで撮影しましょう。僕は一眼レフカメラで撮影しました。

スマホではなくPC用管理画面から文章をアップ

どれだけスマホの使い勝手が良くなったと言っても、文章を書くにはPCの方が優れていると思います。またPCの方が落ち着いて、文章全体の構成を把握しながら書けるので質も高まるのでは。ただし、PCを使う場合は文章が長くなりがちなので予め文字数を決めておいた方がよいかも。

売る気満々の文章にしない

他の販売者の文章を読むと「買ってください!」オーラ全開で、いかにも商人って人がいるのですが、メルカリは素人対素人のマーケットですのであまりビジネス感を出さないほうがよいと思います。文章は変に飾ること無く、淡々と商品の説明をするほうがよいのではないでしょうか。商品の善し悪しを決めるのは購入者ですので。

ECサイト運営のトレーニングのつもりでしたが、なかなか面白い経験ができました。次はもう少し大きな商品(靴など)を売ってみようと思います。20年も一人暮らししていると、クローゼットから面白いものが結構出てくるんですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【越境EC】越境EC利用時の価格交渉経験
  2. 【越境EC】5つの展開パターン
  3. EC-CUBEとMakeshopとカラーミーショップの費用比較
  4. 【越境EC】越境EC利用時の返品実施率
  5. news 【気になる今日のECニュース】国内EC市場が15兆円突破
  6. 京都府とアリババが協定を結び伝統工芸のEC販売
  7. 【越境EC】集客のヒント
  8. 初めての海外向けECサイト構築(越境EC)
PAGE TOP