Loading

ブログ

ネットショップ(ECサイト)の作り方〜基本編〜

当社はECサイト構築を強みにしているため、これからECサイトを開設しようとするお客様からご相談いただく機会が多いです。その中で気になったのはECサイトに関する知識を持っている人ほど細かい部分に拘りすぎて、「どのようなECサイトを作りたいのか」という構想を練っていない場合があります。その結果、ECサイトのコンセプトにブレが生じ、何の個性もない他店と何も差別化できないものができあがります。これでは結果(売上)はついてきませんよね。そこで今回はECサイトを実際に作り始める前にしておかなければいけないことをお伝えします。

ECサイトは5W2Hで考える

ECサイトの企画段階では最低限5W2H決めておきましょう。これを決めないとコンセプト設計ができません。

5W

  • WHY(なぜ):ECサイトを運営する理由
  • WHAT(何を):ECサイトで何を売るのか
  • WHO(誰に):その商品を誰に売るのか
  • WHERE(どこで):ECサイトをどこに開くのか<楽天?Amazon?独自EC?>
  • WHEN(いつ):いつから売り始めるのか

2H

  • HOW(どのように):商品をどのように売るのか
  • HOW MUCH(いくらで):商品をいくらで売るのか

そんなに真剣に悩む必要はありません。歩きながらでもよいので気軽に考えましょう。そして必ず書面に纏めましょう。よく「考えました」という人がいるのですが、頭の中に入っているだけのアイデアは使い物になりません。書面にしてはじめて情報が整理され役立つアイデアに変わります。さらに書面にできれば関係者と情報共有することもできます。

ECサイトを構築すること自体はお金と時間さえあれば誰でも実現できます。しかし重要なのは作ることではなく、運営し商売することです。そのためには作る前に事前に綿密な設計や調査を行う必要があります。商売を成功させるためにも、まずは「作る」ではなく「創る」を始めてみましょう。

(オススメ参考書籍)はじめてのネットショップ開店・運営講座 著・小宮山慎吾

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. EC-CUBE2系とEC-CUBE3の機能比較
  2. 小物の配送には日本郵便のスマートレターがおすすめ
  3. EC-CUBEとMakeshopとカラーミーショップの費用比較
  4. 【越境EC】集客のヒント
  5. 【越境EC】5つの展開パターン
  6. 越境EC(海外販売)構築で気をつけること<デザイン編>
  7. メルカリやってみたら意外とすんなり売れました
  8. 【越境EC】米国市場・中国市場のポテンシャル
PAGE TOP