Loading

ブログ

旅に出かけたいけど、旅する時間もお金もない人へ

この季節になると旅に出かけたくてウズウズしてくる僕ですが、経営者ってボーナスがあるわけでもないし、給与は一年間変わらないし、経費だって私的な旅行に使えるわけがなく、なんだかんだいって会社員の時のほうが旅する機会は多かったような気がします。だからといって、一年中デスクでキーボードを叩いているのは性に合わない。そんな僕がキーボードを叩きながらも旅する気分に浸れるウェブサービスがあります。今回はこのサービスをご紹介します。ぜひ皆さんも机上で旅気分を。

Flightradar24.com

一番最初にこのサービスを使ったのはiOSのアプリでした。最初はこのサービスの仕組みが分からずあまり信頼していなかったのですが、実際に自分が乗る航空機を調べると、ちゃんとその空港にあったり、着陸直前にその空港周辺にマッピングされていたりと、なかなかあなどれない精度だったのです。でもですね、仕事中にスマホをずっと見ていると仕事していないみたいじゃないですか。そこで探したのが、このサービスのデスクトップ版だったわけです。

簡単な使い方をご紹介します。

まず、興味のある地域の地図に移動しましょう。

この記事を書いている時の僕の心はホノルルにありましたので、ホノルル周辺の地図を開きました。すると地図上に黄色の飛行機マークが配置されています。これ、微妙に動いているんです。そうなんです、リアルタイムで変化しているんです。興味がある飛行機マークをクリックすると、左のサイドバーにその航空機の詳細が表示されます。

どの空港を何時に出発して、どの空港に何時に到着するのかが表示されます。上の画像の場合は、デルタ航空1212便が21:01にホノルル空港を出発し、ロスアンゼルス空港に5:05に到着すると表示されています。さらに面白い使い方が!

左サイドバーの航空機写真の下に「3D VIEW」というボタンがありますので、それを押してみてください。実際にその航空機がどんな景色の上を飛んでいるのか3Dで表示してくれます。しかも動いています。この記事を書いている時はホノルルは夜で、全く楽しくない景色でしたので、画像は伊丹空港上空を飛んでいるJALに変えています。表示モードは2つありまして、画像のように航空機を表示するモードと、コックピックからの眺めを表示するモードがあります。画面右にボタンが配置されていますので試してみてください。

何が楽しいの?

そう言われることも多々ありました。でも僕は見ているだけで面白いのです。

【1】自分が乗る航空機や友達が乗る飛行機の飛行プランを知る

僕が航空機の座席を予約する際は、90%くらい通路側を確保するため窓からの眺望が関係ありません。でも、たまにこのサービスで飛行プランを確認し、眺望が期待できる時だけ窓側を確保する時があります。例えば有名な建築物や世界遺産の上を飛んだり、めちゃくちゃ綺麗な海の上を飛んだり、着陸する時の景色が楽しみだったり。

【2】世界の航空機トラフィックを知る

例えば、上の画像を見れば一目瞭然ですが、北朝鮮上空に飛行している航空機はひとつもありません。これはどの時間帯で見ても同じ状態です。同じような状態の国が世界にはまだまだたくさんあります。反対に、香港やバンコク、シンガポールは21時頃になるとラッシュ状態で飛行機マークが蟻ちゃんに見えてくるほど混み合っています。

【3】3Dモードで機長気分を味わう

よし!今日は関空から香港までのFlightだ!と勝手に機長になった気分で3Dモードを眺めていることが多々あります。海上の景色はあまり楽しくないのですが、着陸直前や他の国の上空を飛ぶ時はなかなか楽しい。

ま、こんな感じで、ゆるーく楽しむサービスだと思います。ぜひ自分なりの楽しみ方を見つけてみてください。

 Flightradar24.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 見たら泊まりたくなるリゾートホテルのウェブサイト<沖縄本島編>
  2. アリババの創業者・ジャックマーが語る経営哲学
  3. 京都認知症総合センターで認知症対策をワンストップで提供
  4. 月桂冠のワンカップは存在しない
  5. 祇園祭・宵山は四条大宮でONE DAY PARKイベント
  6. Windows10の無償アップグレード期限まであと2時間
  7. 電子地域通貨っておトクなの?
  8. 未上場なのに評価額が100億円を超えている企業のウェブサイト
PAGE TOP