Loading

ブログ

小物の配送には日本郵便のスマートレターがおすすめ

ECサイトを運営する際、商品代金以外で購入者が負担しなければいけないものに「配送料」があります。運営者からすれば配送料は購入者が負担すべきもの、という認識があると思いますが、購入者側は商品代金以外の費用はできるだけ支払いたくありません。ですので、Amazonのように同じ商品を購入するのなら配送料が無料のサービスを選びます。しかし、運営者からすれば配送料を自己負担することは難しいため、できるだけ配送料を安くする工夫が必要です。そこで今回はアクセサリや書籍など小物を送る時に便利なサービスをご紹介します。

梱包パッケージ込みで全国一律180円な「スマートレター」

既にご存知の方もいると思いますが、最近郵便局に行く機会があり、そこで働くスタッフに案内されたサービスです。まだ認知度が低いようで利用者はあまり多くないようです。このサービスは日本郵政の「スマートレター」というもの。

<スマートレターの仕様>

    • 大きさ 25cm✕17cm(A5サイズ)まで
    • 厚さ2cmまで
    • 重量1kgまで
    • 料金 全国一律180円(梱包パック込み)

専用の梱包パックを見せてもらいましたが、感覚的には文庫本や新書が入るような大きさです。厚さも2cmありますので薄い文庫本なら2冊は入るでしょう。その他CDやDVDも入ります。また、アクセサリや靴下など小物衣類も入ると思います。さらに信書の郵送にも使えます。

そして何が良いかと言えば、近所の郵便ポストにそのまま投函するだけでよいというのが楽。通常の宅急便の場合は集荷の手配をしないといけないので面倒ですよね。しかしスマートレターであれば切手も貼る必要なく、すぐに投函ができます。

スマートレター利用の注意点

良いことずくめのスマートレターですが、いくつか注意点もあります。

  • 日曜日や休日の配達は行われません
  • 追跡サービスは付いていません
  • 万が一配送途中で事故にあっても損害賠償が行われません
  • 海外には発送できません

高価な商品を送る場合は避けたほうが良さそうですね。

ヤマト運輸の配送料値上げなど、今後ネット通販利用者の負担が増えることが予想されます。そのような中で運営者がどれだけ工夫をして配送料を下げるのかが他社との差別化になるでしょう。運営者はマメに新しい宅配サービスをチェックして最適なものを選べるようにしておきたいですね。

(外部リンク)日本郵政 スマートレター

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【越境EC】越境ECの支払方法
  2. 初めての海外向けECサイト構築(越境EC)
  3. EC-CUBE3対応の使える無料プラグイン60
  4. 鮮魚流通のためのECサイト(BtoB)が盛り上がっている
  5. 今後のネット通販拡大の生き残りの秘訣は日本酒バルに学べ
  6. 京都府とアリババが協定を結び伝統工芸のEC販売
  7. EC-CUBE EC-CUBEの機能一覧をExcelでまとめました
  8. 【越境EC】ECサイトの選択基準
PAGE TOP