Loading

ブログ

開業医必見!クラウド型電子カルテ

病院で使用される電子カルテシステムやレセプトコンピュータ(レセコン)。今までは初期投資に数百万円もかかり、中小病院や個人クリニックが導入するには費用面で大きな負担がかかりました。しかし、最近はクラウド型電子カルテが充実し、導入しやすい費用で提供されています。

クラウド型電子カルテを導入するメリットは3つ

  1. 端末インストール型の従来のシステムと異なり、クラウド型なので手間をかけずに自動的に最新システムにアップデートされること。アップデートの度に業者を呼ぶ必要もありませんし、貴重な時間を費やす必要もありません。
  2. クラウド型でインターネットに接続されているため、他の医療機関や関係者とデータ共有するなど連携が容易くなります。小規模クリニックの場合は医療連携が重要になりますので、クラウド型はまさにぴったりです。
  3. 余計な機能がなく使いやすい。従来の電子カルテは高機能をウリにしているものが多いのですが、実際、小規模クリニックで使用する機能は限られています。機能を絞り込むことで費用を抑え、導入障壁をだいぶ下げています。

主なクラウド型電子カルテサービス

Clipla(クリプラ)@クリニカル・プラットフォーム株式会社

Clipla(クリプラ)

進化し続けるクラウド電子カルテ

https://clinical-platform.com/

  • 患者100名までは無料(初期費用も月額費用もゼロ)
  • 101名以上の場合は月額9,800円。ただしORCA連携の場合は月額29,800円に。
  • 年間一括払いで若干お得になるプランも。
  • EV SSL証明書を導入し、金融機関と同レベルのセキュリティ
  • 医療用音声入力システムに対応
  • 運営会社資本 1億6,784万5,000円

みんなのカルテ@株式会社IMSS

minkaru

現役医師の手から誕生した多職種連携支援ツール

http://www.jimss.net/

  • 基本料金 ユーザ1名につき、月額500円〜
  • 診療項目のモジュール化で入れ替え簡単。鍼灸分野の針の抜き差しも
  • スマートな予約管理システム
  • 医療連携を重視
  • 利用端末制限をかけ、セキュリティを強化
  • 運営会社資本 3,100万円

Digikar(デジカル)@デジカル株式会社

Digikar(デジカル)

カルテの入力時間を50%削減

https://digikar.co.jp/

  • 電子カルテプラン 初期費用0円、月額9,800円
  • ORCA連携プラン 初期費用780,000円、月額16,800円
  • 入力が楽になる自動学習機能
  • セキュリティ情報無し
  • 運営会社資本 1億円

きりんZERO@きりん株式会社

きりんZERO

クリニックの運用コストを劇的に下げる

http://xirapha.jp/

  • 完全無料(初期費用、月額費用、サポート費用)
  • 診察毎に病名チェックが可能
  • ORCAと連携
  • 患者の年齢・体重から適切な薬剤量を自動的に算出
  • SOAPを分けて登録可能
  • セキュリティ情報なし
  • 運営会社資本 4,812万円

クラウド型サービスで重要なのはセキュリティですが、どのサービスもセキュリティに関する情報提供が不足していると感じました。医療に関する個人情報は漏れたらプライバシーが侵害される危険性があるため、導入にあたってはセキュリティ体制を重視してほしいですね。機能は少なからず差はあるものの、いずれ収斂されていくでしょう。

またこのようなサービスは安定・継続性が重要ですので、企業の体力も必要です。システムの改善に加え、サーバ保守・監視にも相当なコストがかかります(診療中にシステムが停まったり、データが紛失したら困ります)。ですので、導入に際しては企業自体の信頼性も重視したほうがよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 年間1500億円も稼ぐ回転寿司の魅力ってなに?
  2. 地味な存在だけどたまに食べると美味しい!秋の味覚・柿。
  3. ウルトラマラソンってどんなスポーツ?
  4. アマゾンが支援するベンチャービジネス
  5. 制作マッチングの「さぶみっと!」が9月29日でサービス終了。
  6. 祇園祭で南観音山を曳いてきました
  7. オフィスをサロンに。人が集まる場を創る。
  8. 伊勢志摩サミットの夕食で出された日本酒はコレ!
PAGE TOP