Loading

ブログ

祇園祭2016の楽しみ方

7月1日から京都・祇園祭がスタートしました。四条通や阪急電車のホームではコンチキチンの音が聞こえてきます。いよいよ来週の木曜日(14日)からは前祭の宵山が始まります。通りは歩行者天国になり、多くの屋台が並びます。人混みが嫌いと言いながらも、お祭りの雰囲気は好きなんですよね。

祇園祭の主なスケジュール

  • 7月14日(木)〜7月16日(土) 前祭の宵山
  • 7月17日(日) 山鉾巡行
  • 7月21日(木)〜7月23日(土) 後祭の宵山
  • 7月24日(日) 山鉾巡行

よくニュースで紹介される祇園祭の人混みを味わうなら14日から始まる前祭の宵山に行きましょう。烏丸通や西洞院通には多くの屋台が並びますし、飲食店も店先で食べ物や飲み物を販売しています。16日(土)が最も盛り上がりますが、その分人混みがハンパないです。特に子連れで宵山に行く際は混んでいる道には絶対に入らないように。危険です。

祇園祭のグルメ

前祭の宵山では烏丸通を中心に多くの屋台が並びますが、美味しいものを食べたいのなら屋台ではなく飲食店が店先で販売しているものを食べに行きましょう。おすすめの通りは西洞院通り、錦小路通り(烏丸から西)、東洞院通りです。この通りは飲食店も多く、比較的人も少なく空いているのでのんびり楽しむことができます。

link (参考)京都いいとこウェブ「山鉾町の宵山グルメ」

僕のオススメは烏丸通錦西入にある「Cafe&Restaurantルミエール」が販売している「大人のかき氷」と、東洞院三条下ルにある「京都八百一本館」。大人のかき氷はその名の通りアルコール入シロップがかかっています。モヒートなんかもあったような。八百一本館の店先では「焼きとうもろこし」が食べられます。八百屋さんのとうもろこしなので間違いない美味しさ。

後祭の宵山は屋台も減りちょっと寂しい雰囲気になりますが、京都芸術センターで「エコ屋台村」がオープンし、京都の人気飲食店が出店します。僕がよく通っている人気日本酒バル「益や酒店」も出店するようですよ。

祇園祭の交通

今年の祇園祭は宵山が週末と重なるため例年以上の賑わいになるでしょう。交通機関もめちゃ混みますので、時間に余裕を持って出かけましょう。ちなみに祇園祭・宵山開催中は各交通機関が臨時運行していますよ。

link 阪急京都線

link 京都市営地下鉄

link 京阪電鉄

今回、当社の伊藤が後祭で南観音山の曳き手を担うことになりました。後祭の山鉾巡行では南観音山に注目です。また21日の宵山では拝観ボランティアもやります。ぜひお越しくださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 毎年恒例、祇園祭脱出の沖縄旅行2017
  2. 金融機関で導入が進むRPAってなに?
  3. 第3回京都嵐山耐熱リレーマラソンに出場してきました!
  4. 事務所移転をスタッフの手でやり遂げた制作会社に訪問してきました
  5. 水無月を食べて茅の輪をくぐる今日の京都。
  6. まだ間に合う、京都のお花見おすすめスポット
  7. 情熱大陸プロデューサーの「仕事で成功するための」思考法
  8. ウルトラマラソンってどんなスポーツ?
PAGE TOP