Loading

ブログ

【越境EC】米国市場・中国市場のポテンシャル

平成27年に経済産業省が出した「平成26年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」に米国市場、中国市場に対する越境ECのポテンシャルが掲載されていますので、抜粋しご紹介します。

各国越境EC市場規模推計(2014年〜2018年)

消費国 販売国 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
米国
日本 4,868 5,534 6,250 7,006 7,803
中国 3,266 3,713 4,193 4,700 5,235
(合計) 8,134 9,247 10,443 11,706 13,038
中国
日本 6,064 8,006 9,994 12,047 13,943
米国 6,290 8,305 10,366 12,496 14,463
(合計) 12,354 16,311 20,360 24,543 28,406

(単位:億円)

2018年の中国市場規模は約1兆4,000億円

  • 日本から米国市場に対する越境ECの規模は2017年で7,006億円、2018年で7,803億円
  • 日本から中国市場に対する越境ECの規模は2017年で1兆2,047億円、2018年で1兆3,943億円
  • 米国と中国では市場規模の差が2018年時点で約2倍に開く

中国市場に対応するための社内体制づくり

恐らく多くの事業者が中国市場の魅力を感じていると思いますが、なかなか進出できないのにはそれなりに理由があるようです。一番の課題は言語と商習慣への対応でしょう。英語はそれなりにわかる人が多いのですが、中国語を理解できる人はまだまだ少ないです。越境ECを始めれば、中国語での問い合わせも増えるでしょう(中国人はECでの問い合わせ数、クレーム数が世界でも上位に入ります)。また訪日中国人の日本での過ごし方に抵抗を感じる日本人が多いように、文化や習慣を理解しにくい部分もあります。

このような理由で中国市場に向けた越境ECは壁が高く感じますが、やはりこの市場規模は魅力です。当社でもまだ中国向け越境ECの実績はありませんが、この市場を狙いに行く事業者と一緒に越境ECに取り組んでみたいですね。

link 経済産業省 ニュースリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. EC-CUBEを使えば安価に顧客管理システムや商品管理システムが…
  2. AliExpress(中国EC)で商品を購入してみた
  3. 【越境EC】越境EC利用時の価格交渉経験
  4. 【越境EC】5つの展開パターン
  5. いよいよ10月1日から宅配便運賃の値上げ開始
  6. 【越境EC】ECサイトの選択基準
  7. 今後のネット通販拡大の生き残りの秘訣は日本酒バルに学べ
  8. 【越境EC】自国ECの利用デバイス動向
PAGE TOP