Loading

ブログ

災害時のデータバックアップは考えていますか?

先日発生した「平成28年熊本地震」により、甚大な被害が発生しました。当社として、お亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りするとともに、御遺族の皆さまにお悔やみを申し上げます。また、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。

さて、今回のような災害が発生した場合に備えて、皆さまは日頃からパソコンのデータをバックアップされていますか?災害は事前に予知することが難しいため、いつ何があっても重要データが取り出せるように常にバックアップする意識を高めておくことが大切です。

でもバックアップするといっても、パソコンに外部ハードディスクを繋いでバックアップするのは手間がかかるし忘れがち。USBメモリでは容量が少なくてデータの仕分けが大変。

こんな悩みを解決するのが「オンラインストレージ」です。普段の業務でオンラインストレージ上にデータを保管しておけば、いつ何があっても、パソコンが破損してもデータは担保されます。

今回のような災害は他人事ではなく、いつ私たちが被災者になってもおかしくありません。だからこそ、何も起こっていない時にデータ保管の意識を高める必要があります。士業の皆さま、マイナンバーが記載された書類を紙で保管していませんか?飲食店の皆さま、顧客名簿や受発注書類はデータ化していつでも取り出せるようにしていますか?

今なくなったら困るデータはお早めにオンラインストレージに移行しておくことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. コワーキングスペースを利用するときにあったら便利なグッズ
  2. 僕はSAVASミルクプロテインで元気モリモリ!
  3. 毎年恒例、祇園祭脱出の沖縄旅行2017
  4. ウェブ制作会社でも文章チェックスキルは必須
  5. アリババの創業者・ジャックマーが語る経営哲学
  6. さようならMacbook Airで、困ったこと。
  7. 独自ニッチ商品を開発する家電ベンチャー企業
  8. 月桂冠のワンカップは存在しない
PAGE TOP